2006年11月

2006年11月30日

昨日から始まった選手契約情報。
今日もいろいろな話が飛び交っているようです。

その中でも、特に気になったのが東京ヴェルディ1969

水原・喜名の元グランパス勢もですが、それ以上に玉乃・久場・根占・小野・常澤が驚きました。
ヴェルディのチーム事情は何も知らないが、この5人とかがこれからのヴェルディを支えていくと思ったのですが、違ったようです。
玉乃・根占・小野といったユース昇格組が戦力外ってことになると、ユースの選手たちに影響も出そうですね。
昇格しても、その先が…ってことになると、どうなんでしょうか。
ま、そういうチームの方針なのかもしれませんが。


グランパスも明日あたり発表でしょうか。
明日なんて来なければいいのに、とか思ってしまいます。

at 22:05コメント(0)日本のサッカー 

2006年11月29日

昨日に引き続き秋田ネタで。

中日スポーツ日刊スポーツによると、秋田豊にユースコーチの就任を要請していたようです。
しかし、現役続行を第一に考えているようなので、この話が実現する可能性は低そうです…。
金額面を考えると獲得できるチームは限られてきそうですが、きっとどこかに移籍できると思います。



さて、秋田の話はここまでにして、現在のJ1のチームのユースにどれだけ元Jリーガーがいるのか探してみました。
先に断っておきますが、確実に見落とし・間違いがあると思いますので、そのことを頭に入れておいてください。

鹿島アントラーズ…黒崎久志
浦和レッズ…広瀬治、堀孝史
横浜F・マリノス…松橋力蔵
清水エスパルス…真田雅則、太田貴光
ジュビロ磐田…吉田光範、森下仁志
名古屋グランパスエイト…伊藤裕二
京都パープルサンガ…阪倉裕二、大嶽直人、中河昌彦
ガンバ大阪…松波正信、慶越雄二
セレッソ大阪…清水和男
サンフレッチェ広島…森山佳郎、佐藤一樹、加藤寿一
アビスパ福岡…藤崎義孝、石野智顕

こんなところでしょうか。
絶対見落としてそうです、自信あります。
J2は省略させていただきます。

多いのか少ないのかはイマイチよくわかりません。
が、今後増えて行くことだけは確実でしょう。
ユースだけでなく、高校の監督を務める人も多くなるのでしょうか?
そこのところは微妙な気がします。

at 21:28コメント(0)日本のサッカー 

2006年11月28日

一般的に別れの季節と言えば3月ですが、プロのサッカー選手の場合はそろそろ始まるようです。

グランパス秋田豊と来期の契約を結ばないと決定したそうです。
今年は控えに回ることが多く、年齢的なことも考えたらしかたない気もしますが、残念です。
ユースから昇格する吉田麻也に是非ヘディングの特訓をしてほしかったです。
サテライトリーグでマリノスのマイクに競り勝つ場面を見てたらまだ若いものには負けないと思ったりもしたのですが。
来年はどこかのチームでプレーする姿が見られることを願ってます。

実は、自分は秋田のサイン会に行ったことがありまして、握手もしてもらいました。
自分でも意外なところに行ったなと思ってます。



他のチームでも動きが出てきたようです。
今年はサプライズ移籍があるのでしょうか?

at 21:57コメント(0)日本のサッカー 

2006年11月27日

もう2日前の話ですが、レポートもありますし。

三菱養和の勝利は予想通りでしたが、実際にJユースに勝つとやっぱり驚きました。
去年のチームは柏に勝ち、2回戦のマリノス戦で惜しくもPKで敗退しましたが、今年はどこまで勝ち進むのでしょうか。
次の相手はガンバ大阪ユース。
優勝候補筆頭にも挙げられるチーム相手にどこまでできるか興味深いです。


ジュビロ磐田ユースのほうは、順当な結果なのでしょうね。
はっきり言って、今大会のジュビロはダークホースになると思う。
なんだかんだ言って、各ポジションに好選手を揃えているし、チーム戦術も徹底されている。
今大会は注目していた押谷が得点をとりまくっているようだし、怖いチームである。


愛知FCにはがんばってもらいたかったが、残念です。
同じ県のチームが負けるのは気分がいいものではないですね。
この仇はグランパスユースにとってもらいましょう。

at 22:22コメント(0)日本のサッカー 

2006年11月26日

さて、野洲高校とのトレーニングマッチ2試合目のグランパスユースのスタメンは、
    鈴木崇
 桐山     奥村
   岸   太田
     播
本多 原田 津田 三島
    鈴木規

播をアンカーに置き、普段アンカーを務めることが多い原田はセンターバックに。

野洲高校のほうは割愛させていただきます。


では、キックオフ
グランパスについてのみ書きますので悪しからず。

6分、岸から横パスを受けた太田のミドルシュートはGkセーブ。
10分、またも太田のミドルシュート。GK正面。
11分、奥村のパスを受けた鈴木崇弘が左足でコースを狙いすましたシュートはGKセーブ。
直後のCKから津田がシュートを打つが、上に外す。
29分、三島のクロスに鈴木崇弘がスライディングで合わせるがこれはバー直撃。
36分、相手と衝突し、膝を痛めた奥村に代わり、羽根田が入る。
奥村は歩けるようだったのでそこまでひどくはないと思う。

ここで前半終了。この試合も40分ハーフ。

グランパスユースのペースだが点は入らない。
圧倒的に攻め続けているわけではないが、守備で危険なシーンはなかった。


後半開始時に津田から広木に交代。そのままセンターバックに入る。

後半キックオフ
3分、太田のミドルは枠外に外れる。
13分、桐山のクロスを羽根田がシュートするがGKセーブ。
19分、鈴木崇弘がDFからボールを奪い、これを太田が拾い、ドリブルで1人交わして、左の岸にパス。落ち着いてコントロールし、FKのようなシュートを決める。1?0
24分、桐山から11番に交代。「せいや」と呼ばれていたので、ジュニアユースの中野靖也と思われる。そのまま桐山のポジションに。
26分、さっそく中野が右からのクロスが流れてきたところをフリーでシュートするが、GKセーブ。
34分、播・本多から土屋・角に交代。土屋がアンカー、角は左サイドバック。
34分、岸がFKを直接狙うと、GKがキャッチし損ね、ポストに当たり、ゴール。2?0
39分、土屋のスルーパスに鈴木崇弘が抜け出し、GKと1対1。シュートはGKの足に当たるが、そのままゴールに吸い込まれる。3?0

ここで試合終了。


後半も前半と同じような展開。
だが、相手のミスを逃さずに得点に繋げたのは評価したい。
守備も安定していた。

野洲高校は、やる気のなさが目立った。
せっかく愛知まで来て、こんな試合をしてたらもったいないと思う。
来年からの野洲高校が不安になりました。


選手評()内は背番号

鈴木規之(16)…見せ場は少なかったが、シュートへの反応速度はあいかわらず早い。
三島圭一郎(2)…守備では1対1での強さがあり、攻撃でもいいクロスを送っていた。
津田真吾(4)…守備は上手くなった。この程度ならセンターバックでも十分にやれる。
原田達哉(27)…粘り強い守備が印象的。安定してる。
本多勇喜(31)…積極的にオーバーラップしたが、少し空回り。
播俊輔(3)…このポジションでは初めて見たが、パスを散らして展開するよりも、ドリブルで崩そうとしていた。でも、効果的ではなかった。
太田圭祐(23)…ボールを持ったらドリブルで1人を抜くのを期待したくなる選手。積極的なミドルシュートも好印象。
岸寛大(25)…シュートもパスも彼の右足は特別だった。サッカーと関係ないが「ひろし」という名前はいい名前だと思った。
奥村情(18)…技術もスピードもあるが、判断がまだまだと感じた。軽傷であることを願ってます。
桐山悠(14)…期待していただけにこの日はイマイチだった。オフサイドになるシーンが多かった。もっとやれるはずだし、やってほしい。
鈴木崇弘(32)…もうすっかりセンターフォワードが板についてきた。このままFWでいくのかな。

羽根田充弘(15)…チャンスを決めれなかったのは残念。
マンサノ 広木 エウセィオ(30)…インターセプトが目立っていた。そのままボールを持ち上がるシーンも。
中野靖也?(11)…左サイドから積極的に仕掛けていた。スピードもあり、なかなか面白い選手。
角拓哉(29)…実はプレーしているのは初めて見ました。前の中野を追い越してどんどん上がっていた。もう少し長い時間で見たかった。
土屋裕一(26)…見事なスルーパスでアシストを記録。いいアピールになったかな。



試合終了後、滋賀県出身の酒井隆介が野洲高校の乾や田中と話していた。



あと、グランパスU-13の試合を少しだけ見ましたが、3バックをやっていた。
3バックでの戦いぶりをチェックするために今度はちゃんと観戦したいです。

at 23:04コメント(0)グランパスユース 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ