2009年04月

2009年04月29日

今日は前からセカンドチームの練習試合を観に行こうと決めていました。
ちゃんと中京大のスケジュールも確認したら、主力が来そうだし。
さらに、今のグランパスのセカンドチームの状況を考えれば、ユースから大量に参加する選手がいるはず。
というか、セカンドチームだけでは練習試合ができない…。

グランパスのスタメンは、
   新川 久場
橋本 矢田 田口 三浦
中野 岩田 磯村 松尾
     広野

4人がユースから参加。
キャプテンは新川。

中京大は、
  10 14
11     7
  22 8
12 3 21 6
    1

12番はグランパスユース出身の後藤雄平。
8番は中京大中京→ヴィッセル神戸の中田智久かな?
ルックスでわかるのは2人だけ…。
きっと名前を聞けば、「あー」という選手も何人かはいるはず。


試合のほうは、橋本の左CKを磯村がヘディングで綺麗に流し込む。1?0
磯村のヘディングでのゴールは初めて見た気がする…。

カウンターから橋本が倒されて得たFKを橋本自らが狙う。鋭く速いキックはバーの下側に当たり、詰めた矢田のシュートは上へ外れる。

矢田のスルーパスが左サイドに移っていた三浦に通り、ゴールライン際からマイナスのパス。受けた新川が左足で強烈なシュートを放ち、GKが弾いたところを田口が頭で押し込む。2?0

久場のスルーパスに反応した新川がDFを置き去りにし、GKを冷静に見てシュートを決める。3?0
織部、落ち着き過ぎ。


前半はこのまま終了。
途中で橋本と三浦の位置を変えたり、岩田が右SBになっていたり、と自由にポジションチェンジする。
相手陣内で4、5本のワンタッチパスを繋いだりと見せるプレーもあった。
守備ではちょこちょこ危険な場面もあったけど、最後まで粘り、シュートまではいかせない。


後半のグランパスは、
   久場 新川
小幡 田口 近藤 橋本
 安藤 岸 磯村 松尾
     長谷川

またも4人がユース。
途中から橋本がボランチで近藤が右になる。
松尾が終了間際に足をつり、岩田がCBに入る。

中京大は、
   9 19
13      25
   5 24
23 4 18 28
    17

4番はグランパスユース出身の森本良。
ただ、負傷明けなのか、後半から出場するも20分ぐらいで下がる。
あと25番は中京大中京出身の中村亮太。
中京大に進んだ事を今日知りました。
19番はエスパルスユース出身の藤牧祥吾だと思う。
91966849.jpg

オレンジのスパイクに、オレンジのヘアバンド。
エスパルス愛に溢れています。


後半は中京大が若いグランパスの左サイドを突いて、攻めてくる。
パワー、スピードで後手に回るけど、最後を長谷川のスーパーセーブや相手のシュートミスに助けられる。
攻撃はなかなか上手く回らない。
ボランチの橋本と田口はよく組み立てるけど、そこから動きが少なく、呼吸も合わない。


結局そのまま3?0で試合終了。


目立っていたのは橋本、田口。
橋本は高校時代は本田よりも上手くて、気まぐれな王様プレーだったように思うけど、今は上手いし、よく動く。
セットプレーもいいボールを蹴るし、マギヌンの代役にピッタリだと思うんだけど…。
田口は両足でワンタッチで簡単に捌く事でリズムを作り出していた。
さすが代表という感じ。

磯村はパワーもスピードもまだ発展途上。
がつがつ来られるとCBとしてはちょっと苦しい。
でも、さすがのフィードやビルドアップなどは十分に通用していた。
ヘディングでのゴールは見事でした。
fb971c15.jpg

坊主が2人、同じ誕生日が2人の3人組。

新川のゴールは普通の選手なら慌てて、GKに当てそうなシュートをよく決めました。
他のプレーはちょっと淡白だったかな。
まだまだ若いんだから、久場のような勢いのあるプレーを見せてもらいたい。

長谷川はシュートへの反応があいかわらず凄すぎる。
公式戦で見たい。
79f25ab3.jpg

彼のスーパーセーブを見るとテンション上がります。


中京大の後藤雄平は、オフェンス時の位置取りの高さが特徴的。
サイドラインを駆け上がるよりも、パスでゲームを組み立てる。
8a494f92.jpg

髭のせいか、ユースの時よりも痩せて見える。




このあと、12時からのユースの練習試合を前半だけ観戦。

加藤翼が得意のコース(デル・ピエロ・ゾーンよりもうちょっと中)からシュートを決める。

高原から右サイドの藤田へ素晴らしいミドルパス。中へ切れ込んで奥村へ横パス。これを確実に決める。

都竹の右CKをGKと競りながら奥山が合わせる。

高原がキープ、キープ、キープから左足シュートを決める。

前半終わって4?0。
もうちょっとできそうな気もしたけど、4点も取っているからいいでしょう。



ここでテレビ観戦のために帰宅。
なんか忙しない午前でした。

at 13:58コメント(2)グランパストップチーム 

2009年04月26日

ヱヴァンゲリヲンの新キャラの「真希波・マリ・イラストリアス」という名前を聞いて、真っ先に山本真希の顔が出てきました。
「バニナミ」と呼んでしまいそうです。
山本真希も最近は元気そうで何よりです。

さて、サッカーの話でもしましょう。
今日はトヨスポで中京大中京と練習試合。

スタメンは、
   高原 マルコ
藤田 都竹 水野 加藤翼
渡辺 川本 大西 野崎
     石井

大西はAチームではFWが多いのに、CBで登場。

中京大中京は、
   竹野 浜田
牧野      佐藤
   23 小山
廣瀬 野口 野添 松浦
     坂口

昨日の試合に出ていた選手も何人かいた。
AチームとBチームの間といった感じ。


グランパスはさすがのパスワークを見せる事もあったが、やりたい事がイマイチぼやけている。
パスに連動し切れていないため、どうしてもこの力での突破が目立つ。
それが上手くいけばいいのかもしれないけど、相手は県内で屈指のタレントを揃える中京大中京。
そう簡単に突破させてはくれない。
体格面での不利をそのまま利用されていた。

逆に中京大中京がシンプルにスピードを活かした突破で何度かチャンスを作る。
竹野は昨日の試合でも感じたけど、速いし、技術もあり、手強い選手。

前半はスコアレス。


後半は、
   高原 足立
都竹 加藤凱 水野 川村
佐藤 川本 野崎 樋江井
     伊藤

のメンバー。

中京大中京GKのパントキックが短くなり、中京陣内で加藤凱がカット。都竹に預け、加藤凱は都竹の外を回り込み、リターンを受ける。左足で丁寧にクロスを入れると、中央でフリーの足立がインサイドで確実かつ豪快に決める。1?0

佐藤のアーリークロスをニアに走り込んだ足立がDFに押されながらもトラップ。そして左足で流し込む。2?0

必殺技「渡辺からのフィード」を復活出場したFW大西がDFと競りながらもシュート。これはGKが飛び出してブロックしたが、拾い直して中の川村へパスし、イージーに蹴り込む。3?0


結局3?0でグランパスの勝ち。
後半何が変わったかと聞かれると答えづらいけど、3得点。

グランパスでは足立が迫力あるプレーを見せた。
相手DFに積極的にプレスをかけ、また懐の深いポストプレーもよかった。
中京大中京の選手を相手にしても当たり負けない強さは頼もしい。
さらに、足元の柔らかさも見逃せない。
2点目のトラップの場面は足が届いただけでもすごいのに、しっかり止められる技術に驚かされた。

楽しみにしていた高原はDFを背にしてボールをキープする分には問題ないけど、前を向いて突破しようとすると、DFに体を当てられ、苦しそうだった。
でも、何度もチャレンジし続ける姿が何よりも大事なはず。
その気持ちの強さがストライカーを育てるのだと思っています。

もう一人の楽しみだった水野は何度か素晴らしいミドルパスを通していた。
Aチームだと高原へのパスが目立つけど、このメンバーだと理解し合ってる選手も多いためか、パスの選択肢が増える。
あと、守備でも自らガツガツと当たりにいくシーンがけっこうあり、守備面でも目立っていた。

後半のみの出場だが目立っていたのは加藤凱。
ボールを受けて捌いて、また動いてボールを受けて、とよくボールに絡む。
その典型的シーンが先制点の場面だった。
それにしても、彼がボールを持つと、どんな状態であれ、周りが「凱、凱」とボールを要求するのはなんなのだろう。
見ていて、ちょっと面白い。




中京大中京は速いorでかい選手が多い。
あと、アウトサイド・アウトフロントのキックが今年も多い。
国体のチームで見た選手が昨日の試合でなく、今日の試合に出ているのを見ると層の厚さを感じます。
タレント的には県内でも1、2位を争うチームです。

at 19:55コメント(5)グランパスユース 

2009年04月25日

話題騒然の草薙球技場には行かずに、近場の港サッカー場へ。
いつものことだが、メインスタンドの屋根はほとんど役に立たず、雨が強風に乗って降り注ぐ。

中京大中京のスタメンは、
     宮市
大森   浜田  星野
   池滝 谷中
河本 木原 福ヶ迫 下尾
     柿野

パンフレットを信じずに、プリンスリーグ東海2009の公式ページの公式記録を信じるとこうなる。
キャプテンは池滝。


加藤学園暁秀は、
   佐藤 竹中
     江本
 久保    大八木
     堀江
横山 関口 櫻井 川口
     村松

こんな感じ。
電光掲示板には「加藤暁秀」。
「かとうあきひで」と読みたくなる。



開始9分に暁秀の左からの右足で巻いたクロスを中京大中京GKがキャッチ。かと思いきや、ボールが滑り、こぼれる。ゴールラインを越えたか微妙なところで抑えるも、副審がゴールをアピールし、認められる。

失点後に中京大中京は浜田をFWに上げ、2トップに変更。
中京大中京は雨のせいか、戦術なのか、ロングボールが多い。
また、ピッチの所々に水たまりがあるにも関わらず、一人一人がボールを持ち過ぎる。
そこを暁秀の選手が複数で囲み、奪う。

暁秀は風が強く、雨も降り、ピッチ状態もよくないが、しっかりボールを止めることができていた。
追い風を考えてなのか、王国静岡のチームの特徴なのか、シュートの意識が高く、多少遠くても打ってくる。


前半途中で、風と雨と寒さのためにメモを中止。


後半、前半よりも中京大中京が攻めれるようになるも、追加点は暁秀。
直接も狙えるような位置でのFKを打ちにいかず、クロス。これを走り込んだ選手が綺麗に頭で合わせる。

中京大中京は宮市を中心に攻めるも、その宮市が決定機を2度外してしまい、万事休す。


2?0で加藤学園暁秀の勝ち。



宮市は前半はボールにほとんど触らせてもらえなかったが、後半に触れるようになるといくつかチャンスを作っていた。
チームが今年も戦術・宮市の雰囲気があり、ボールを持つとまずは彼の位置を見る。
「それでも宮市なら、宮市ならきっと何とかしてくれる」という雰囲気があった。
彼自身もアウトプレーになったボールを自ら取りにいくなど、熱い気持ちが出ていて、周りを引っ張るような雰囲気が出てきた。
今日のピッチコンディションでは自慢のスピードは発揮しきれなかったけど、上手さや柔らかさは所々で見せていた。
セットプレーもなかなかいいボールを蹴る。
グランパスの特別指定選手になってくれれば、杉本よりは…。
ま、とにかく今はこのチームを勝利に導く活躍をし続けることでしょう。



2試合目も見たかったけど、寒さに耐えきれずに諦めました。




7月4日の中京大中京と東海学園の対戦が今から楽しみなってきました。

at 18:13コメント(2)日本のサッカー 

2009年04月23日

今季からJリーグアウォーズで最優秀育成クラブを表彰するらしいです。

なかなかおもしろい試みです。
海外ではこういうのがあるのでしょうか。



ということで、勝手に去年の最優秀育成チームを決めたいと思います。

大会の成績を見ると、FC東京が安定してました。
ただ、チーム事情もあるでしょうが、トップ昇格がいなかったことがマイナス。
育成という面で考えると、ちょっと不満が残るかな。

トップ昇格という観点で見ると柏レイソルはいい結果を残している。
また、トップ昇格だけでなく、他のJチームに入団した選手や海外でプレーしている選手もいる。
これだけの選手をプロに送り込むのすごいことです。
クラ選で準優勝しているし、評価は高いと思います。

でも、自分が選ぶなら浦和レッズです。
昇格した選手は、数だけでなく質も高い。
そして、高円宮杯で優勝。
十分に最優秀育成クラブの資格はあると思います。




みなさんならどのチームを選びますか?

at 22:32コメント(3)日本のサッカー 

2009年04月22日

テレビでACLを見たので感想を。

フォーメーションは、
     ダビ
    マギヌン
阿部 小川 中村 竹内
     吉村
  増川 バキ 吉田
     楢崎

って感じでしょうか。
吉村のワンボランチは間違いない。
マギヌンはFWでもトップ下でもなくセカンドトップという感じでダビの周りをふわふわ
動き回る。
小川と中村は積極的に前に飛び出して行く。
阿部がサイドから攻撃を組み立てる。

玉田が不在だからこその布陣だと思いますが、割と上手くいっていたと思います。

選手交代はちょっと不満かな。
杉本の出場は仕方がないとしても、田中を出場させた意味がわからない。
そして、山口を中村に代えるいつもの交代は、投入する時間が早すぎる。
相手チームが激しいプレーするのはわかっているんだから、不測の事態に備えて、ラスト5分ぐらいまでは待つべきだったと思う。
ま、勝ったからいいけど。
本当は津田、新川、福島のせめて1人だけでも見たかった…。



それにしても、ゴールシーンはハンドっぽい。

at 23:52コメント(0)グランパストップチーム 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ