2015年06月

2015年06月27日

ひさびさの観戦はプリンスリーグと悩んだあげく、大学サッカーを選択。

公式記録は東海学生サッカー連盟の公式サイトに任せて、雑感を。


・中京の猪木と水野のコンビがいい。猪木は高さと体を張ったポストプレー、水野はスピードを活かすストライドの大きいドリブルが武器。
・東学は志知、畠中、藤原、武田の4人が高いテクニックでショートパスをバシバシつなぎ、隙あらばドリブルで切れ込んでくる。畑は体を張れるし、突破力も兼ね備えている。
・東学の先制点は、FKの場面で浮き球を入れてくると思わせて右にパス、志知が縦に仕掛けクロスがDFに当たってゴールに飛ぶもカバーのDFがクリア。しかし、そのボールを仲がダイレクトボレーで逆サイドネットに決めたもの。落ち着いたミートがよかった。
・東学のショートパスとドリブルを織り交ぜてボールを動かすスタイルに中京は前からの守備がはまらない。キーとなるのは畠中。DFライン近くまで下りて来て、よくボールを受けてはパスを散らす。
・中京のボランチは守備で走り回され、攻撃のリズムを作るまでできない。ただ、上手くサイドまで散らせればチャンスもありそう。
・後半になると中京が修正。あまり前から追わずに、自陣に入ってから相手との距離を一気に詰めるようになる。ファールも増えたが、東学のリズムを狂わせる。
・63分で中京の加藤翼は交代。右サイドバックの出場だったが、踏ん張りや粘りが足りないように見えたので、コンディションがよくなかったのかな。
・東学は70分でキャプテン畠中を下げる。左足一本でショートパスやDF裏への浮き球などで中京を混乱させた。右膝にテーピングしてたから怪我明けかも。代わって入るのが渡辺柊斗。
・中京はスルーパスに抜けた大谷がGKを交わしてシュートもポスト。その跳ね返りから今度は猪木がシュートもバーを掠めて外へ。
・さらに中京はタイミングよくオーバーラップしてきた大村がシュートもポスト。
・79分、中京はこの時間になっても仕掛け続ける水野が左サイドを突破しクロス。これをDFがブロックし、中京の選手の手に当たるも笛は鳴らずに再び水野の下に。中にパスすると、途中出場の藤島が落ち着いて右足シュートを決める。
・押せ押せの中京は90+1分、右CKのこぼれを拾い、左に残っていた西村にパス。グラウンダークロスを水野が蹴り込んで逆転。
・しかし、90+3分ドラマが。左サイドへのロングボールに追いついた畑が寄せて来た西村をかわしてPA内に侵入。マイナスの速いボールを入れると、これを中京の青木がクリアし切れずにオウンゴール。土壇場で同点に。
・2−2という結果はどっちにとっても、勝ち切れなかったとも、負けなくてよかったともいえると思う。
・東学は前の5人の攻撃力は全国でも通用するように思える。控えの渡辺柊斗もレギュラー陣と遜色ないレベル。楽しみにしていた本多はサイドバック起用。違うところでも見てみたい。
・中京の石井はさすがの安定感。決定機を2つストップ。ただ、キックが今日はイマイチ。鈴木潤は上がるタイミングとコーチングが目立った。西村はヘディングの迫力は抜群。カバーリングもよかったが、最後の失点の場面はいただけない。藤島は中京の中では異質のドリブラー。積極的な仕掛けで流れを中京に引き寄せた。

また大学サッカーも観に行きたいです。
もちろんユースのほうも。

koshachikansenki at 23:54コメント(0)トラックバック(0)大学サッカー 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ