2016年06月

2016年06月27日

今回は備忘録

・日陰に入ると涼しさもあるけど、ピッチ上は日差しがきつく、暑そう。
・グラは右SBに三浦、CBに藤井を起用。エース深堀は欠場。残念。
・大津は3−4−2−1。4バックのイメージが強いので驚き。
・序盤はグラが押し込み、大津は落ち着きがなく、大きく蹴るのが精一杯。
・ショートコーナーからフリーの金のヘッドはGKが弾き、クリア。それを拾い、左から杉田のアーリークロスにフリーの青山がヘッドを決める。完全に大津の集中力が切れてた。
・失点で目が覚めたのか大津がリズムを掴む。3バックの左に位置する5番からの左足でのダイアゴナルフィードが効果的で、9番、7番、10番が流動的にDFの間から裏を狙う。
・さらに大津の攻撃はフィードだけでなく、グラDFが引いているときは、中盤でワンタッチで横パスをつないで、隙を見つけてワンタッチで裏へのパスを狙ってくる。このフィードとワンタッチパス交換にグラは苦しめられる。
・しかし、グラが青山の一発フィードから金がGKより先に触りゴール。
・前半ロスタイムに大津がワンツーを使った攻撃であっさりとゴール。2−1で後半へ。グラとしては余分な失点だったが、試合内容からすればリードして折り返せるだけでも御の字。
・後半はグラがまたも攻め込む展開もゴールまでは至らず。ここで追加点が欲しかった。
・すると、大津がまたもワンツーからの突破でゴールし、同点に…。
・さらに、大津が自陣でグラのプレスをワンタッチパスでトントントンとかわして、一気に裏へフィード。完全に裏を取られ、GKとの1対1を難なく決められ、逆転される。
・まさかの逆転を許し、攻めたいグラだが足が止まり始めて攻撃の糸口すらつかめない。そんな中で大津に追加点を奪われてしまう。
・自陣でボールを持った梶山がパスの出しどころがなくなる場面があったが、この日のグラを象徴していた気がする。サポートの動きやパスをもらいに来る動き、裏を狙う動きが少なすぎた。
・途中出場のジョナタンがゴールを決めて1点差に追い上げるもここまで。ジョナタンをもっと早く出場させて、前線を活性化させてもよかったかな。
・試合中に修正する能力を高めてほしい。同じ形からのピンチが多すぎる。DFラインはコーチングもカバーリングも不十分だった。慣れないメンバーで組むならいつも以上にコーチングしないと意思疎通ができるわけがない。
・攻撃は個人頼みの印象があった。連動した攻撃も観てみたい。
・大津は個々もしっかりした技術があり、攻撃の形もしっかり持っている。また、高体連らしく走り負けないグッドチーム。前の3人は強力だし、両サイドも運動量ある。後ろからのフィードも武器になっていた。

2−0からの逆転負けは悔しい。
観てる身でこう感じるのだから、選手たちはもっと感じていることでしょう。
ここからの挽回に期待するしかない。

koshachikansenki at 22:26コメント(0)トラックバック(0)グランパスユース 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ