2014年07月28日

TM vs グランパスセカンドチーム

夏休みに紛れて月曜なのにトヨスポへ。
日差しが強烈で汗が止まらないが、きっと群馬よりはマシなはず。

毎年恒例のユースとセカンドの試合。
去年はユースが4−3で勝ってます。


ユース

   青山 梶山
桜井       田中
   池庭 笹沼
吹ケ 大橋 加藤直 高尾
    加藤大

澤居と髙橋がいない模様。
前線の4人はいつも通り流動的。


セカンド

  ケネディ 松田
 矢田       枝村
    中村 磯村
佐藤 ニッキ ヘジス 田鍋
      高木

ケネディが実践復帰。
セカンドチームにしておくには勿体ない選手がちらほら。


試合は30分×3本

1本目はユースペース。
開始直後に右サイドを田中と笹沼のコンビで突破したように、ワンタッチでのパス回しでセカンドを苦しめる。
ディフェンスラインでボールを回し、ボランチやサイドバックに入ったところを狙った相手が食いついてくると、ワンタッチのパスでプレスを回避すると同時に一気に攻め込む。
ボランチからマークの緩くなったFWに簡単に縦パスをつけれて、起点を作れていた。

セカンドはカウンターに活路を見出す。
14分、奪ってから佐藤が一気にダイアゴナルフィード。追いついた松田が切り返して吹ケを交わして、左足シュート。しかし、これはGKが触りCKに。

ユースも16分に左サイドに開いた田中のキープから前のスペースにパス。受けた桜井が中に折り返すと梶山が左足シュート。だが、GK正面。惜しい形。

1本目は0−0。
ユース相手にセカンドは攻撃の形がまともに作れない。
サイドに回しても突破できるわけでもなく、クロスを上げても精度が低い。
中を崩そうにもケネディの動きが重い。
守備もケネディが動けないスペースを有効に使われる。
プレスに連動性もなく、玉突きに空いたスペースをどんどんユースに入られる。


2本目

セカンドは高木から西村、松田を杉森に代える。

2本目はセカンドが盛り返す。
いきなりの1分に佐藤からパスを受けた杉森がドリブルから中にパス。中村のミドルシュートは枠を捉えるも、GK加藤大智がナイスセーブ。

ユースも負けじと6分、自陣で桜井がボールキープ。一度高尾に下げてリターンを受けて前に出る。DF裏にフィードを入れると、受けた青山がドリブルで勝負。前に抜けかけたところをヘジスに倒されPAすぐ外でFKのチャンス。桜井のシュートは壁。

8分にはセカンド。佐藤が低いアーリークロスを入れると、走り込んだ杉森がシュート。しかし、ここもGKがセーブ。

13分にユースは田中を下げて、北野を投入。

16分、セカンドは下がってボールを受けるようになったケネディがDF交わして横パス。枝村が左足シュートもGK弾き出す。またも加藤大智のナイスセーブ。

22分にユースは桜井・青山・池庭に代え、杉本・川崎・深堀。下がった3人はセカンドのベンチに呼ばれる。

30分、セカンドは杉森のパスがカットされるも拾った矢田がシュート。ここも加藤大智が素晴らしい反応でボールを弾き出す。

2本目も0−0。
2本目はセカンドが攻める時間が多かった。
両サイドバックの積極的な上がりがユースを苦しめる。
しかし、ユースも中はしっかり守れていたし、GK加藤大智が絶好調。
危険なシュートをどんどんストップ。
ユースはカウンターでいい攻めもあったが、最後のところで止められる。
サイドバックの裏のスペースもニッキがよく対応。


3本目

両チーム共にメンバーをいじる。

ユースは

   梶山 北野
 杉本     深堀
   笹沼 川崎
吹ケ 大橋 加藤直 高尾
     米澤


セカンドは杉森だけでは飽き足らず、ユースからさらに中心選手の引き抜きを図る。

    青山 杉森
 桜井       枝村
    池庭 磯村
佐藤 ニッキ ヘジス 田鍋
      野村

青山、杉森、桜井、池庭と4人の強奪に成功。
ユースの弱体化に成功したかに見えたが…




ユースは2分、なぜか頭を丸めている吹ケがドリブルで二人かわし中に早いボールを入れるがぎりぎりでDFがクリア。

セカンドも引き抜いた選手をフル活用。

7分、佐藤のクロスに青山もシュートは弱い。

8分に最大の決定機。桜井から池庭にパス。スルーパスを通すと反応した青山が右足シュート。しかし、これはポスト。

11分には抜け出してきた佐藤がシュート。これはわずかに外。


16分にユースは深堀から田中に交代。

終盤にユースが攻勢に出る。
19分、パスに抜け出した北野がGKを交わすも角度なく、持ち直してのシュートはGKブロック。拾った吹ケがドリブル突破を図るもニッキが阻止。

22分にユースは大橋から杉山に交代。

そして時は来た。
24分、GK米澤がボールキープ。プレスに来る相手の隙を逃さず、間を通して笹沼にパス。笹沼から杉本に繋がり、スルーパス。裏に抜け出した北野がGKとの1対1で股間を抜くシュートを決める1−0

さらに28分、カウンターから杉本→川崎→北野と渡り、シュートもGKセーブ。

3本目は1−0でユースの勝ち。
3本トータルで1−0でユースの勝ち。


ユースは途中でフレッシュな選手を中盤に入れてきたという点は確かにあったが、それでもユースが勝ったのは事実。
ワンタッチでプレスをかいくぐるパスワークは見事。
プロのアプローチも無力化していた。
個人でもしっかりキープできていたのも頼もしい。
守備も安定していた。
前からしっかり追えるし、後ろは出てくるボールを予測し、対応できていた。
CB2人は強気に前に出ての守備ができていて、ケネディに仕事をさせず。
ビルドアップもしっかりこなし、大橋は隙を見てのフィードもよかった。
サイドバックも振り切られる場面は少なく、最後までしっかり寄せ切れていた。

抜群のキープ力の桜井、スピードとパスの青山、キュッ、キュッと加速減速を繰り返せる梶山、キレキレのドリブル田中、パスワークの中心かつ懐の深いキープの池庭、バランス取りながらパスも散らせる笹沼、後ろからドリブルでもパスでチャレンジし、最後まで走れる吹ケ、カバーとフィードに長ける大橋、前に出るタイミングが秀逸な加藤直生、佐藤との攻防で負けてなかった高尾、スーパーセーブ連発の加藤大智。
スタメン組はみんな素晴らしい出来だった。
途中出場組も、裏に抜け出しで魅せ、決勝ゴールの北野、左足で溜めを作る川崎、マジカルなレフティ杉本とそれぞれ活躍を見せてくれた。
深堀と杉山ももう少し長い時間見たかった。

次の公式戦が楽しみです。


セカンドは調整で練習試合をしているわけではなく、監督にアピールするために試合をやっている、という感じが少なかった。
流し気味というか、この程度でいいや、というプレーが散見された。
トップの状況が悪い時こそやってやろうという選手に出てきてもらいたかったけど。

よかったのはニッキ。
クロスへの対応はもちろん、地上での1対1でも強さを見せていた。

杉森は強いチームのほうで一緒に練習して、試合に出たほうがいいと思う。
確かに上手いし、速いし、賢い選手だけど、体格面とか考えてもユースのほうが彼の成長に適していると個人的には思う。
同年代相手にどれだけできるか観たいだけですけど。

koshachikansenki at 23:06コメント(0)トラックバック(0)グランパスユース  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ