2006年04月29日

プリンスリーグ第3節 VSジュビロ磐田ユース

行って参りました。
まずこれだけは言いたい。
パンフレットを売ってた熱田高校の子たちが非常に売る気があって、好感が持てました拍手
他のとこの子たちは、嫌々な感じがあるが、そんな素振りを一切見せずに売ってる姿を見て、偉いなーと思いました。

で、グラユースのスタメンは、
    久保
新川      中田
  福島  花井
    吉田(C)
後藤 森本 三宅 酒井
    長谷川

前節からは、怪我から復帰の酒井が三島に代わって右サイドバックに入った。あと、怪我が心配された長谷川も無事にスタメンに名を連ねた(聞こえた話によると木曜から練習復帰したらしい)。しかも、オレンジのユニフォーム。珍しい。
新川・中田はFWといっていいほど高い位置だが、サイドにべったり張り付く感じ。

ジュビロユースは、
  稲葉 伊藤佑
    押谷
杉本     山本浩
  山本康 白井(C)
 田中 須崎 茂内
    松本

メンバー表がないので、名前は背番号を元にパンフレットから調べたので間違いがあるかも。中島・原田開はともに欠場。


プリンスリーグにしては観客がたくさん入ったところでキックオフサッカー
いきなり1分グラユースが三宅のフィードが相手のクリアミスを誘い、中田が拾い、早いタイミングで中に入れ、走り込んだ久保が右足インサイドボレーでゴールに流し込み、先制点を挙げるパンダ
いきなりの先制点からはまったりとした展開が続く。グラユース側はディフェンスラインでパスを回しているときに、芝のはがれているとこでバウンドが変わり、それによるミスが目立った。
15分に中田がキープから中へ切り込み、福島にスルーパス。だがDFに寄せられシュートは左へ外す。19分酒井のクロスに新川ボレーも態勢を崩され、上へふかす。21分中田から酒井に渡り、酒井が野洲高校ばりのヒールを福島がシュートも宇宙開発。
こんな感じでグラユースが攻めており、「前半のうちにもう1点欲しいな」と思っていたが、27分に田中?のフィードが三宅と酒井の間に落ち伊藤佑が抜け出し、飛び出してきたGK長谷川の頭上をループで狙うも、これは大きく上へ外す。
これで流れが変わるかと思いきや、38分にグラユースが相手陣内の深い位置で白井にプレッシャーをかけ、久保がボールを奪う。そこから中田へ。受けた中田は逆サイドの新川にクロス。新川から中へ折り返すと、そこにはフリーの福島が走り込んでおり、楽々ヘディングでゴールウサギ理想の展開に。
この追加点で余裕の試合運びができると思った矢先に、42分山本浩?のクロスに伊藤佑がフリーでヘッドでゴール。これがフットボールの怖さかと実感。
さらに、44分ディフェンスラインの裏に出てきたボールをGK長谷川がスライディングでクリアしようとするが当て損ねてCKに。左CKはGKがパンチングクリアがも小さく、誰かがボレーを打つが、ディフェンスに当たり、右からのコーナーに。
と、ここでジュビロに選手交代山本康から松井へ。松井が左サイドに入り、杉本がボランチへ。右CKを代わったばかりの松井がキック。綺麗な弧を描いたボールは誰にも触れることなくそのままゴールへ吸い込まれた。(と思ったが、実はニアで伊藤佑が触ってたらしい。これからは場内放送聞きます…)まさかのゴールで2?2に。
ロスタイムに素早いリスタートで吉田から新川。新川のクロスを中田ヘッドもGK正面。
ここで前半終了。

シュート数は、グラが6本、ジュビロが4本、たぶん。
2点目をとるまでいい展開だっただけに終了直前の2失点は痛い。痛すぎる。しかも、昨日の展望でグランパス有利と見ていたセットプレーからの失点はいただけない。

この嫌な流れを引きずっての後半なのか、すっきり切り替えての後半なのか。とにかく後半キックオフ。

開始からジュビロペース。2分の白井のFKは壁に直撃。3分左コーナーを押谷ヘッドも枠外。
嫌な流れを断ち切ったのはエース新川。4分左サイドを突破し、PAに切れ込んだところで須崎に倒されPK。微妙な判定だったが積極性が生んだ結果だろう。これを吉田がゴール左へ蹴り込み、先週の悪夢を振り払う。
ジュビロも前に出てくる。8分稲葉の右からのグラウンダーを押谷シュートもGK正面。10分稲葉が抜け出ようとするが、森本がスライディングで外に逃げる。
グラも17分に右サイドで花井がボールを受けて、酒井が中へ走り込む。そこへ絶妙の浮き球パスを出して、酒井がヘッドもキーパーがセーブ。負けずに4点目を取りにいく。
そんな19分、今まで裏を狙う動きを何度も見せていたがなかなかタイミングが合わなかった花井に左サイドの福島から中央へのスルーパスが出る。ピッタリのタイミングで飛び出した花井は荒れたピッチでバウンドが変わったところをワンタッチ目でボールを浮かし、須崎を振り切る。さらに、飛び出てきたGK松本を胸トラップで簡単に交わし、無人のゴールに左足で流し込む。なんかすごすぎて涙が出そうになった悲しい
22分に磐田は山本浩から渡邉へ交代。
そんなこと関係なく、25分に久保のポストから花井につなぎ、受けた花井は加速し、左サイドからシュートもGKセーブ。
27分にジュビロは伊藤佑から伊藤大に交代で、攻撃陣を活性化させる。29分には押谷が持ち込み、シュートも大きく外す。34分には裏に出たボールを森本と長谷川がお見合いしたところを伊藤大がシュートも外す。このプレーで長谷川が痛むもプレー続行。
グラは、36分に中田から三島に変え、酒井をFWに上げるが、41分に酒井が桐山に交代し、桐山が左に入り、新川は右にまわる。44分に三宅から磯村、久保からアルベスに変えて、新戦力に経験を積ませようとする。
ジュビロもロスタイムに稲葉から加藤潤に交代。
このまま試合終了かと思われたが、入ったばかりの磯村が浮き球の処理をミスして、加藤潤に奪われる。そのままだとキーパーと1対1になるところを磯村が体を当てていくと笛が鳴り響きレッドカード。ありえない怒りまずファールかどうかも微妙なのに、なぜ一発退場なのか。グラにはPKあげたから、平等に、ってことと解釈しときます。
これで得たPAすぐ外でのフリーキックを松井が狙う。壁を越え、いいコースに飛んだが、長谷川がスーパーセーブ。コーナーに。このコーナーも実らずに試合終了。
後半のシュート数はグラが4本、ジュビロが8本、たぶん。

勝つには勝ったが後味の悪い試合だった。磯村にはこれをいい経験にしてもらいたい。変な審判もいるんだよ。

グランパスユースの選手評 ()内は背番号。
長谷川 徹(22)…パンチングが小さかったり、スライディングクリアをミスったり、森本とお見合いをしたり、と安定感に欠いたが、最後のスーパーセーブは見事。何より先週の怪我がたいしたことなくてよかった。
森本 良(13)…あいかわらずカバーリングがうまい。スライディングを仕掛けるタイミングがすばらしい。
三宅 徹(26)…荒れたピッチに苦戦していた。空中戦は強いが、足下はまだまだ要改善。
酒井 隆介(21)…花井のパスをヘディングで狙ったシーンはよかったが、それ以外はオフェンス・ディフェンス両方ともいまいちだった。
後藤 雄平(12)…ボールを持ったときの判断が遅れる悪い癖が多く見られた。もっとシンプルでいいよ。
吉田 麻也(8)…1ゴール。ディフェンスラインの前に鎮座し、相手の攻撃の芽を摘んでいた。PKは思いっきり蹴ったほうがたぶん入るよ。
福島 新太(20)…1ゴール・1アシスト。運動量豊富にピッチを走り回っていた。ゴールシーンは、あそこに走ってるのは彼の持ち味。
花井 聖(5)…1ゴール。素晴らしいゴール。この調子を持続してほしい。
中田 健太郎(10)…1アシスト。前半はボールによく絡み、アシストも記録したが、後半はボールに触る機会が激減。ここらへんの波がなくなれば、ネクストレベルに行けるはず。
新川 織部(19)…1アシスト。相手DFを圧倒するまではいかなかったが、常に脅威となっていた。サイドに張り付いてるのは窮屈そうに見える。
久保 裕一(15)…1ゴール。ポスト役として機能しただけでなく、ゴールという結果が出たのは大きいだろう。相手を吹っ飛ばしながらのドリブルも○

磯村 亮太(31)…パンフレットでは背番号は30だが、どっちが正しい?退場の判定はおかしいが、そこまでの過程がいけなかった、ということを教訓にしてほしい。試合終了後、花井と三島に声をかけられていた。
三島(7)、桐山(14)、アルベス(9)はボールに触れる機会が少なかったので省略。

ジュビロ磐田ユースの好印象選手
松井(27)…左足に宿る悪魔。セットプレーで脅威に。
白井(10)…積極的なプレスと、確実にボールキープする姿が印象的。
伊藤佑(11)…小柄ながらヘディングで2ゴール。

今回は力で押し切った感じだったが、次にジュビロ磐田ユースと対戦する時には中島・原田開が出場するかもしれない。今日の戦いぶりだと更なる苦戦は免れないだろう。だが、どのような戦いになるのか楽しみでもある。両チームともレベルアップしたハイレベルの戦いを期待したい。

at 22:27コメント(2)グランパスユース  

コメント一覧

1. Posted by shin1san   2006年04月30日 11:52
はじめまして。
僕も昨日の試合を見に行っていました。
新川と久保が目当てだったのですが、
花井のプレーに心を奪われてしまいましたね。
順調に育って、名古屋の顔たる選手に成長してもらいたいですよね。
2. Posted by ingk   2006年05月01日 00:08
shin1sanさん、はじめまして。
花井はすごかったですね。
成長していく姿を温かい目で見守っていきましょう。
久保の相手の吹っ飛ばしながらのドリブル、
新川のキレキレドリブルも素敵でした。
今年は楽しみな選手が多いですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ