2014年09月20日

大学サッカー@瑞穂北

東山高校に行こうか悩んでいたけど、近場を選んで東海学生リーグを観戦。
しかし、5分遅刻…


1試合目は名古屋商科大学と東海学園大学。

・名古屋商科の2トップ、9番と10番がポストプレーやサイドに開いてボールを受けてのキープが目立つ。そこで時間を作り、サイドに展開しチャンスを作る。
・東海学園は目当ての奥村駿はいなかった。前にボールを運べるが相手の集中したディフェンスに苦戦。しかし、セットプレーから好機を見出し見事に逆転勝利。
・名古屋商科はセットプレーになると集中が切れるのか脆さが出た。後半の途中からは足が止まり、ディフェンダー頼みの守備になっていた。
・東海学園は10番の畠中が素晴らしかった。小気味よいドリブルと正確な左足がよかった。5番金子の強さも印象的。


2試合目は中京大学と四日市大学。

・前半は中京の右サイドの攻撃が目立つ。先制点も右サイドを橋本と小林が崩し、小林のクロスに藤橋が合わせたもの。サイドバックの水野も含め、積極的な右サイドだった。
・四日市は一度スルーパスから5番のシュートがバーに当たる場面があったが、それ以外に攻撃の形はできず。中京の守備がよかった。
・後半に入ると中京の左サイドが鈴木潤のオーバーラップによって活性化される。追加点はその鈴木のクロスから。
・その後もリードを広げた中京だったが、終了間際に2失点。1点目はともかくそれを引きずるような2点目を許したのがよくない。
・中京は小林、藤橋、南部、橋本の前線の4人が強力。技術もあり、しっかりボールも追う。グランパスユースのよう。後ろは野添の高さとカバーリングが効いていて、鈴木の左足のキックと守備力も目立った。GK石井が的確なコーチングで守備を司り、正確なパントキックで攻撃の起点になっていた。試合をしっかり締めれていればよかったが…。
・四日市は10番、7番、8番あたりの技術が目を引いた。反撃がもっと早ければ。


時間が合えば、また大学サッカーも観戦したいです。
もう少しグランパスユースOBが出場してくれたらな…。

koshachikansenki at 18:44コメント(0)トラックバック(0)大学サッカー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ