2008年12月30日

おひさしぶりです。

もう記憶が薄れてますが、港での高円宮杯U-15の試合の感想を。
メモしてないので公式記録を見ながら思い出して書きます。
激しい突っ込みはやめてください。


まずは、FC東京U-15深川と東京ヴェルディジュニアユースの試合。
港で東京ダービーが観れるなんて感無量。

いきなりヴェルディDFのクリアが中途半端なところを拾った深川の大森が決める。
さらに、PAすぐ外のFKを金田の左足で完璧にゴールに沈め、序盤で2?0で深川がリード。
ヴェルディは徐々に反撃するが、深川の守りが堅い。
前半の内にヴェルディは、安在の右CKをニアで長田が合わせ、こぼれたところを高橋が頭で押し込み1点返す。

後半から入ったヴェルディの高木がPA内で倒されPKを獲得し、これを端山が決めて同点に。
これでヴェルディが一気に勝負を決めにいくかと思いきや、飛ばしすぎたのかやや失速。
そこを深川が突き、途中出場の渡辺が決め、3?2と突き放す。
苦しくなったヴェルディはキャプテン菅が主審への異議で2枚目のイエローで退場し、さらに窮地に追い込まれる。
だが、高木がヘディングで押し込んだゴールで再び追いつく。
その後、ヴェルディは前線で起点になっていた高橋が右足の甲を痛めて交代。
そして延長へ。

延長ではヴェルディは完全に疲れていて、深川のペース。
CKの攻め直しから野沢がヘッドで勝ち越しゴール。
ヴェルディのキックオフからのドリブルを奪ったカウンターから大森が決めて、突き放す。
さすがのヴェルディにもここから追いつくことはできずに5?3で深川の勝ち。

開始すぐの2点が結局ヴェルディを最後まで苦しめた。
早く追いつこうとペースを上げ、そのツケが延長に回ってきた。
また主審の判定にも必要以上に苛立っていたのも、早い時間での失点と無関係ではないはず。
確かに主審は酷かったけど。
それでもキャプテンが退場するのは良くない。

深川は試合巧者な感じがした。
早い時間での先制点と自分たちの流れになるまで耐えれる守備は大人びていた。
CB山口の1対1の強さとカバーリングの良さが目立っていた。

ヴェルディは端山、菅、高橋は普通に目立つ選手。
個人的にはレフティボランチ安在、ちびっこドリブラー中島、何かやりそうなスピードスター高木の下級生組が気になった。
あと、スタンドで大声で選手たちを鼓舞していたエースも印象深い。
メンタル面で気になる選手が何人かいたけど、ユースの監督に鍛えられれば、さらに成長できるように感じました。


第2試合は、グランパスとFC.FRESCA
フレスカのことをずっとフレスカ神戸と勘違いしていました。
試合終了後も気づきませんでした。

キックオフから自陣で守備を固めるフレスカ。
グランパスはそれでもいつものように崩すが、フレスカのGK山田が当たりに当たっていてナイスセーブ連発。
グランパスには嫌な流れになりそうだったが、なんとか前半終了間際に加藤翼の突破からの折り返しを樋江井が決める。

後半も追加点がなかなか取れないグランパスだが、ピンチはほとんどなし。
唯一打たれたシュートもGK石井が落ち着いて足でブロック。
終了間際に途中出場の川村がこぼれ球を豪快に蹴り込み2?0。

グランパスは安定した試合運びだったが、決定力に課題を残した。
相手GKがよかったというのが大きいけど、それでももう少し決めないと。

フレスカは前半守り切れば、という作戦だったかもしれないけど、うまくはいかず。
GK山田には注目します。




次の日の1試合目はヴィッセル神戸ジュニアユースとFC東京U-15深川の試合。

いきなり深川の橋本が相手DFのミスから得点し、前日に引き続き深川が開始直後に先制。
そして、ヴィッセルが攻め込む時間が長くなるのも前日と同様。
攻めてもゴールまで繋がらないヴィッセルを横目に、深川は新谷の粘り強い突破からのクロスに金田がファーサイドから頭で決める。
しかし、ヴィッセルもすぐに呉屋が抜け出し、落ち着いて決めて1点差に追い上げる。

後半すぐに深川は右からのクロスに橋本が高い打点からのヘッドを決め、突き放す。
その後はヴィッセルが攻め切れずに苦しむ中、深川が何度かチャンスを作る。
結局、後半は深川が流れを掴んだまま試合終了。

狙っているのかというぐらい開始直後の得点が多い深川。
山口を中心に守れるし、新谷はリードとか関係なく何度も上がり続けるし、二瓶のドリブルはボールが足に吸い付いてるし、前日スタンドだった橋本は背番号通りの活躍するし、中川はワントップとしてボールを受けるために走り続けるし、この日は左足はイマイチだったけど金田は頭で結果を出したし、とよくまとまったチームでした。

ヴィッセルは前のほうはおもしろいけど、後ろがちょっと頼りなかった。
川戸のドリブルはおもしろい。


第2試合はアルビレックス新潟ジュニアユースとグランパスの試合。
グランパスにとっては前日に引き続きオレンジ色との対戦。
ちなみに、ラウンド16でアルビレックスと対戦したのもオレンジ色の愛媛FCだったりもする。

アルビレックスはFWがしっかり前からボールを追い、グランパスの自由にはさせない。
いまいちうまく噛み合ないグランパスはボールを持っても崩しきれずボールを回すだけに。そして、シュートはポストに当たる。
そんな中、アルビレックスは早川がDFとGKと競り合いながらも確実にシュートを決める。

後半さらにギアを上げるグランパスだが、チャンスはポストやバーに直撃。
試合前のアップでのシュート練習でも枠に当たるのが多かったが、試合でも変わらず。
次第に攻撃も中、中となり、アルビレックスにとっては守りやすくなっていたのかもしれない。
最後まで猛攻が実ることはなく、0ー1で敗れた。

グランパスは、ゴールへの確率を高めるパス回しをするチームだと思います。
どれだけ決定的な形まで持っていけるか、から逆算したポゼッションをするチームです。
その最後の締めの場面で枠に当たるのは、ちょっともったいない。
点を決めてこそ、美しい攻撃は完成するわけです。
ということで、シュートは落ち着いて。
あと、たまにはもう少し強引にシュートにいってもいいかな、と傍目には見えました。
徹底的に崩すのがこのチームのおもしろいところでもあるんですけど。

アルビレックスは確実にチャンスを決めた早川の決定力はすばらしい。
両CB共に上背はないものの、集中を切らさず、よく耐えていた。




メモしてないとダメです。
自分の記憶力に嫌気がします。

at 16:54コメント(2)グランパスジュニアユース  

コメント一覧

1. Posted by パパぐらん   2008年12月31日 09:09
子鯱さん こんにちは。
いつもならすぐに更新されるのに・・・・ちょっと心配していました。
残念な結果でしたが、選手もコーチも複雑な精神状態の中でよく戦いました。
コーチ陣が契約更新ができていれば、もっと平常心で戦うことができたと思ってます。
宮城でのヴェルディ戦がもう選手たちの精神状態のピークだったのかもしれません。
大金を出して、宮城まで応援に行って本当によかったと思ってます。
大我さんの指導していたサッカーは本当に楽しかったですし、魅力がありました。
やっている本人たちも、理にかなっていて楽しかったようです。
先日、愚息たちに大我さんからメールで、
「今まで教えてきた中で1番美しいサッカーをしていた。最後までそれをつらぬいたことはすごい」
とあったそうです。
愚息も高円宮の決勝のビデオを見て、本当に悔しそうでした。
この悔しさは、ぜひユースではらしてもらいたいと思ってます。
約3年間、詳細な観戦記録ありがとうございました。子どもたちもみんなよく見ていた
ようで、いい励みになっていたようです。
また、来年ユース観戦もお願いいたします。
よいお年を・・・・・・。
                 パパぐらん
2. Posted by 子鯱   2008年12月31日 17:09
パパぐらんさん、こんにちは。
中学生たちには辛い状況での試合でしたね。
選手のことを考えてほしかったです。
ユースでさらに成長して、菅沢さんのチームに勝って、恩返ししてほしいです。
こちらこそ3年近くありがとうございました。
夢のようなサッカーが観れたことは一生の思い出になりそうです。
またユースの試合でもお会いできたら、いろいろとお話を聞かせてください。
では、よいお年を…。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ