2016年02月01日

ユース観戦始め

今年初のトヨスポへ。
京都サンガとの練習試合を前半のみ観戦。

前線は深堀の存在感が抜群。
今まではスケールのあるサイドアタッカーというイメージだったが、最前線に位置する時間が多かったこともあり、野性味あふれるストライカーに変貌していた。
シュートコースができたら、積極的にゴールを狙う姿勢が強く感じられた。
トップチームへの練習参加で結果を出した田中彰馬と攻撃の核になるはず。

後ろはどのような組み合わせになるか楽しみ。
菅原は初めて見たけど、長いボールを蹴れて、サイズもまだ大きくなりそうで楽しみ。
一番驚いたのはバネ。
跳躍してから、さらにひと伸びするようなジャンプからアスリート能力の高さが垣間見れた。
どう育てていくか、どう育つか目が離せない選手。


新チームの立ち上がりはいつでもワクワクするものです。
今度はしっかりメモしながら観戦したいです。

koshachikansenki at 10:47コメント(0)トラックバック(0)グランパスユース  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ