大学サッカー

2015年06月27日

ひさびさの観戦はプリンスリーグと悩んだあげく、大学サッカーを選択。

公式記録は東海学生サッカー連盟の公式サイトに任せて、雑感を。


・中京の猪木と水野のコンビがいい。猪木は高さと体を張ったポストプレー、水野はスピードを活かすストライドの大きいドリブルが武器。
・東学は志知、畠中、藤原、武田の4人が高いテクニックでショートパスをバシバシつなぎ、隙あらばドリブルで切れ込んでくる。畑は体を張れるし、突破力も兼ね備えている。
・東学の先制点は、FKの場面で浮き球を入れてくると思わせて右にパス、志知が縦に仕掛けクロスがDFに当たってゴールに飛ぶもカバーのDFがクリア。しかし、そのボールを仲がダイレクトボレーで逆サイドネットに決めたもの。落ち着いたミートがよかった。
・東学のショートパスとドリブルを織り交ぜてボールを動かすスタイルに中京は前からの守備がはまらない。キーとなるのは畠中。DFライン近くまで下りて来て、よくボールを受けてはパスを散らす。
・中京のボランチは守備で走り回され、攻撃のリズムを作るまでできない。ただ、上手くサイドまで散らせればチャンスもありそう。
・後半になると中京が修正。あまり前から追わずに、自陣に入ってから相手との距離を一気に詰めるようになる。ファールも増えたが、東学のリズムを狂わせる。
・63分で中京の加藤翼は交代。右サイドバックの出場だったが、踏ん張りや粘りが足りないように見えたので、コンディションがよくなかったのかな。
・東学は70分でキャプテン畠中を下げる。左足一本でショートパスやDF裏への浮き球などで中京を混乱させた。右膝にテーピングしてたから怪我明けかも。代わって入るのが渡辺柊斗。
・中京はスルーパスに抜けた大谷がGKを交わしてシュートもポスト。その跳ね返りから今度は猪木がシュートもバーを掠めて外へ。
・さらに中京はタイミングよくオーバーラップしてきた大村がシュートもポスト。
・79分、中京はこの時間になっても仕掛け続ける水野が左サイドを突破しクロス。これをDFがブロックし、中京の選手の手に当たるも笛は鳴らずに再び水野の下に。中にパスすると、途中出場の藤島が落ち着いて右足シュートを決める。
・押せ押せの中京は90+1分、右CKのこぼれを拾い、左に残っていた西村にパス。グラウンダークロスを水野が蹴り込んで逆転。
・しかし、90+3分ドラマが。左サイドへのロングボールに追いついた畑が寄せて来た西村をかわしてPA内に侵入。マイナスの速いボールを入れると、これを中京の青木がクリアし切れずにオウンゴール。土壇場で同点に。
・2−2という結果はどっちにとっても、勝ち切れなかったとも、負けなくてよかったともいえると思う。
・東学は前の5人の攻撃力は全国でも通用するように思える。控えの渡辺柊斗もレギュラー陣と遜色ないレベル。楽しみにしていた本多はサイドバック起用。違うところでも見てみたい。
・中京の石井はさすがの安定感。決定機を2つストップ。ただ、キックが今日はイマイチ。鈴木潤は上がるタイミングとコーチングが目立った。西村はヘディングの迫力は抜群。カバーリングもよかったが、最後の失点の場面はいただけない。藤島は中京の中では異質のドリブラー。積極的な仕掛けで流れを中京に引き寄せた。

また大学サッカーも観に行きたいです。
もちろんユースのほうも。

koshachikansenki at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月13日

平日の午前中から大学サッカー観戦。
さすがに観客はほぼいない。
ちょっと心が折れそうになるも、そこは強い気持ちと強い愛で乗り越える。

愛知学院大学のグラウンドに来るのは小幡元輝が中3の頃のシルフィードとの試合以来。
その時の観戦記はこちら
グランパスには現サガン鳥栖の福田晃斗やV・ファーレン長崎の三鬼海も出場していました。
シルフィードには宮市亮と多分近藤洋史も出てたはず。


愛知学院

      7
61  18  75
   82 26
15 10 60 35
     21

確実なのは35番が真柄で60番が三浦。
あとはわからない。


阪南大学

    19
54  24  38
   29 67
22 92 5 2
     51

19番がアビスパ福岡ユース出身の町田蘭次郎?で2番が康翔貴?かな。



22分、阪南の左サイドの54番からのパスをDFの間で受けた29番が細かいステップでディフェンスを交わしながら中に切れ込み右足を振り抜きゴール。0−1

30分、阪南は交代で入った10番(山口一真?)からの右クロスを19番とDFが競り、こぼれたボールがGKの手を掠めてゴールへ。ポストに当たるもしっかり詰める。0−2

32分、愛知学院が見ていないうちにゴール。1−2


後半の阪南はメンバーを総入れ替え。
GKはそのままだったかも。
グランパスユース出身の金来遠がボランチで登場。
愛知学院はそのまま。

65分に阪南のFKのこぼれを56番が蹴り込む。1−3

80分、阪南の左CKがファーに通るとフリーの59番が胸トラップからシュートを決める。1−4

90分、阪南の38番のスルーパスに27番が抜け出し、シュートを確実に決める。1−5


1−5で阪南の勝利。
阪南は後半フィールドプレーヤーを入れ替えてるのであまり参考にはならないかな。


阪南は切り替えの早さが目立つ。
とくに攻めに転じる時の前への飛び出す動きは秀逸。
ベンチからも「スプリントしろよ」の声が飛ぶ。
ハードワークだけでなく、全国からタレントが集まるだけあり個々の技術も高い。

29番はシンプルなプレーで攻撃のリズムを作れる選手。そのシンプルな中にも技術が光るし、ヘッドも結構強い。
92番は長身の左利きのCB。左足からの糸を引くようなフィードがある。
10番は3人に囲まれても体を上手く使いキープどころか突破する。パスを出すところもタイミングも素晴らしく、パスを出した後にスペースへ走り込む動きはダイナミック。キックも正確で、前に進むドリブルは迫力満点。
金来遠はセカンドボールを拾って繋ぐプレーでバランスを保っていた。ベンチからはシュート意識の低さを指摘されたが、ロスタイムにCKのカウンターからスルーパスに走り込みシュートする場面があり、さっそく課題を克服してみせた。


愛知学院はところどころで高い技術を見せるも、パスの呼吸がずれて、チャンスが作れなかった。
もっとドリブルとショートパスを織り交ぜたスタイルが愛知学院だと思っていたが、今日はそういったシーンが少なかった。

真柄はサイドバックからゲームを作っていた。フィードやビルドアップの上手さはさすが。上がってからのクロスの質も高い。守備での1対1の対応もよかったけど、時々軽いプレーも。
26番は長身で長髪の華奢なレフティ。いかにも左利きなプレーで相手をいなす。ドリブルもパスもシュートもあるし、局面での当たりにも負けない。おもしろい存在でした。




暖かくなってきたし、これから観戦日和が増えそうでわくわくします。

koshachikansenki at 17:19コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月20日

東山高校に行こうか悩んでいたけど、近場を選んで東海学生リーグを観戦。
しかし、5分遅刻…


1試合目は名古屋商科大学と東海学園大学。

・名古屋商科の2トップ、9番と10番がポストプレーやサイドに開いてボールを受けてのキープが目立つ。そこで時間を作り、サイドに展開しチャンスを作る。
・東海学園は目当ての奥村駿はいなかった。前にボールを運べるが相手の集中したディフェンスに苦戦。しかし、セットプレーから好機を見出し見事に逆転勝利。
・名古屋商科はセットプレーになると集中が切れるのか脆さが出た。後半の途中からは足が止まり、ディフェンダー頼みの守備になっていた。
・東海学園は10番の畠中が素晴らしかった。小気味よいドリブルと正確な左足がよかった。5番金子の強さも印象的。


2試合目は中京大学と四日市大学。

・前半は中京の右サイドの攻撃が目立つ。先制点も右サイドを橋本と小林が崩し、小林のクロスに藤橋が合わせたもの。サイドバックの水野も含め、積極的な右サイドだった。
・四日市は一度スルーパスから5番のシュートがバーに当たる場面があったが、それ以外に攻撃の形はできず。中京の守備がよかった。
・後半に入ると中京の左サイドが鈴木潤のオーバーラップによって活性化される。追加点はその鈴木のクロスから。
・その後もリードを広げた中京だったが、終了間際に2失点。1点目はともかくそれを引きずるような2点目を許したのがよくない。
・中京は小林、藤橋、南部、橋本の前線の4人が強力。技術もあり、しっかりボールも追う。グランパスユースのよう。後ろは野添の高さとカバーリングが効いていて、鈴木の左足のキックと守備力も目立った。GK石井が的確なコーチングで守備を司り、正確なパントキックで攻撃の起点になっていた。試合をしっかり締めれていればよかったが…。
・四日市は10番、7番、8番あたりの技術が目を引いた。反撃がもっと早ければ。


時間が合えば、また大学サッカーも観戦したいです。
もう少しグランパスユースOBが出場してくれたらな…。

koshachikansenki at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ