グランパスジュニアユース

2014年02月16日

昨日のリベンジを目論んでU15のTMを観戦。
スケジュール通りに12時開始に間に合うように着いたら、試合開始が13時でした。

グランパスのスタメンは、

     金
鎌田 杉浦 濱口 吉田
     住田
 河合 林 垣 宮島
     水谷

選手同士のコーチングを元にしているので間違っていたらごめんなさい。


30分×3本です。

いきなりの2分にグラは濱口のシュートをGKが弾いたところを鎌田が詰める。1−0

グランパスは中盤中央の3人を中心にボールを繋ぐサッカーを志向。
ポゼッションからサイドを攻め上がるシーンが多いものの、決定機までは作れない。

1本目終了時に、ワントップの金が氏原コーチからマンツーマンで指導を受ける。
いい光景。

34分、グラが攻め込むと、名東DFがPA内で浮き球をGKにヘッドで返そうとするも、GKと意思の疎通が取れておらずオウンゴールとなってしまう。2−0

50分、名東が自陣からロングボールを蹴る。GKが難なく処理と思いきや、ボールが風で伸び、さらに詰めてきたFWが目に入ったのか、ワンバウンドしたボールがGKの頭上を越えて、ゴールに吸い込まれる。2−1

58分、名東が右からクロス。中の9番がジャンプしてなんとかギリギリでヘディングシュート。これがループ気味に決まる。2−2

2本目は、グラが向かい風ということもあり、名東に押し込まれる。
パスがつながらず、攻めても強固な名東DFに阻まれる。

84分、グラは杉浦のスルーパスに抜け出した金が落ち着いてシュートを決める。3−2

88分、グラは中2?の42番のクロスを金がヘディングで合わせる。4−2


4−2でグランパスが勝利。


後ろからしっかりパスを繋ぐスタイルはなんともグランパスらしい。
細かいパス交換からサイドを崩したり、バイタルエリアに侵入したりするも、最後の精度がイマイチ。
それと、ボールを大事にしすぎて、思い切りに欠ける場面がいくらか見えた。
ただ、サイズに恵まれた選手も多く、楽しみなチームであることには間違いない。
それぞれに個性豊かな選手たちで、また観たくなりました。

目についた選手は、住田、杉浦、金、林、宮島。
住田はサイズを活かした懐の深いキープが特徴。敵を食いつかせるショートパスも面白いし、左足のキックもいい。レフティのアンカーに魅力を感じずにはいられない。
杉浦は細かいタッチでターンして狭いスペースを打開できる。また、シュートを狙うタイミングが独特。監督に言われていたように、もっと前に出るプレーを見たい。
金は中学生に見えないぐらいがっちりとした体型。DFを背負ってもボールを納められて、裏のスペースを狙う意識も高い。
林はボランチに入ってから鋭い縦パスを何本か見せていた。悪い流れの時にボールを落ち着かせれるとさらによくなりそう。
宮島は圧巻の上下動。何度も右サイドを駆け上がり、チャンスを演出していた。ユースの柴田に近いタイプ。


名東も後ろがしっかりと粘れるチームで大崩れのなさそうな堅実なチームという印象を受けました。
毎年いいチームを作ってきているイメージがあり、今年もよさそうです。



今年の観戦がようやくスタート。
次はいつになるのか自分でも楽しみ?不安?です。

koshachikansenki at 17:45コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月25日

グランパスU15は高円宮杯U-15の2回戦でジュビロSS磐田に敗れてしまいました。

クラ選に続き、またも全国大会で東海勢に負けてしまいました。
試合を見てないのでなんとも言えないですけど、東海リーグで対戦している分やりづらさがあったのかなと思っています。

優勝できると思っていただけに残念です。
26日は観に行こうかと考えていたし…。

ありきたりですが、この悔しさはぜひ2種の舞台で晴らしてほしいです。
ユースに昇格する選手も、それ以外の道へ進む選手もそれぞれの活躍を祈っています。
今年はU18よりもU15を多く見た気がするし、勝手に思い入れが強くなってます。




Jユースカップはコンサドーレ札幌が優勝したようですね。
刈谷で観てから応援してたので、密かにうれしいです。
トップ昇格する選手も、進学する選手も、下級生の選手も楽しみです。
内山・前・國分のトリオを来年も観たいです。

koshachikansenki at 18:36コメント(2)トラックバック(0) 

2012年12月09日

高3最後の試合も見たかったけど、トヨスポへ。
U15がエスパルスと練習試合。
公式戦ではないけど、チェックする価値は十分。


グランパス

     杉森
上田   森   福山
   池庭 髙橋
吹ケ 渡邊 加藤直 柴田
    加藤大


エスパルス

    白鳥 加納
沼野        興津
   長谷川 25 
田口 冨士野 岡部 田原
      眞田

25番は不明。
2年生かな。


先週に続き寒かったので、簡単な流れのみ。


1本目はグラペース。
吹ケのドリブル突破や杉森のパスでチャンスを作るもゴールは奪えず。
ボランチ、CBを中心に守りも堅く、エスパルスにチャンスも与えない。

2本目に試合が動く。
左PA角付近から杉森が強烈なシュート。これはGK眞田がなんとか弾くも、右サイドで拾った途中出場の田中彰馬が高速クロスを入れ。これを上田がインサイドボレーで確実に合わせる。1−0

さらに、グラの攻勢が続く。
渡邊が相手FWを高い位置で潰し、杉森にボールが渡る。杉森は上田にクサビのボールを当ててリターンを受けると、今度は森にボールを預けてするすると裏へ走り込む。森からのスルーパスを受けた杉森はGKとの1対1を確実に決める。2−0
ゲームみたいに美しいゴール。杉森、森、上田が絡む攻撃は破壊力抜群。

エスパルスも反撃。
中央を攻め込み、こぼれたボールを25番がGKの鼻先でボールに触り、ゴールを決める。2−1

やられたらやり返すのがグランパス。
吹ケが杉森にパスし、一気にサイドを駆け上がる。杉森のスルーパスに追いついた吹ケがゴールラインギリギリまで抉り、マイナスのクロス。これを田中彰馬が左足で豪快に蹴り込む。3−1
杉森、吹ケのコンビはわかっていても止められない。

グランパスがだめ押し。
PA内で森が粘り、吹ケにバックパス。これをダイレクトでアーリークロス。上田がドンピシャのヘディングを決める。4−1
しっかり決める上田はさすがストライカー。サイドよりも中央がいいのかな。


もう1本あるみたいでしたが、寒さに負けて退散。


1失点は余計でしたが、それ以外はいい内容。
後ろでボールを回し、隙を見て縦に入れてから、それに連動した攻撃は見事。
守備もボランチが潰し、さらにCBがカバーし、安定感がある。
楽しみなチームです。

koshachikansenki at 15:57コメント(1)トラックバック(0) 

2012年11月10日

U15の練習試合を観戦。

相手は公式ページに中京高校とあったので岐阜の中京かと思ったが、中京大中京の1年生だったようです。

今日はメモも取らず、のんびり観戦。
30分×3本でした。

1本目

田中のシュートをGKが弾き、森が詰める。1−0

左サイドを崩され、クロスがDFに当たりオウンゴール。1−1

2本目

上田がGKをかわし、ゴールライン際からマイナスのパス。これを杉森が合わせる。2−1

3本目

杉森が右から中に持ち出し、左足でコースを狙いすましたシュートを決める。3−1

DF崩されてのシュートが決まる。3−2

スルーパスに抜け出した柴田がGKを鼻先でかわしてゴール。4−2


結局4−2で勝利。
最後は攻守の切り替えが遅くなったり、局面でドリブル突破されたり、と年の差を感じさせる場面もあったけど、パス回しでの攻撃の組み立てやゴール前のアイディアなどは高校生相手にも十分通用していた。

高円宮杯まで1ヶ月以上ありますが、今から楽しみです。

koshachikansenki at 18:25コメント(0)トラックバック(0) 

2012年10月20日

天気もよく、ピッチも抜群のコンディション。
勝ったら優勝の大一番。
夏のクラ選で清水に敗れているグラには絶好のリベンジの場。
今年も数多くの試合を見逃してきたが、この試合は見れることに感謝。
代表帰りの杉森が観れるのも楽しみ。


グランパス

   杉森 森
福山       上田
   池庭 髙橋
吹ケ 渡邊 加藤直 太田
    加藤大

右サイドの柴田は出場停止らしい。
代わりに両サイドできる太田が入る。
杉森は森と2トップを組む。


エスパルス

    加納 白鳥
田口        興津
   長谷川 沼野
冨士野 伊藤 岡部 田原
      眞田

白鳥はメニコンカップで観てます。
眞田とか興津とか聞いたことある名前が並ぶ。


試合開始

いきなりグランパスが先手を取る。
2分に自陣での細かいパスでプレスをくぐり抜け、右サイドの太田がフリーで持ち上がると、ボランチの位置から髙橋がするすると裏へ飛び出す。この動きを太田が見逃さずにDF裏へピタリとロングパスを通す。受けた髙橋は落ち着いてGKをよく見て、シュートを決める。1−0

浮き足立つ清水相手にグラは4分にも杉森のキープからオーバーラップした福山にパス。クロスを森がゴールもこれは福山の位置がオフサイドの判定。

清水は、5分にグラDFのクリアが中途半端になったボールを興津が低く抑えたミドルシュートを放つもGK正面。

しかし、流れはグラ。
12分、右サイドでスローインを受けた森が相手を背にしたキープから一瞬の隙を突き、DF裏へ斜めに走り込む杉森にスルーパス。杉森はGKを交わしてゴールに流し込む。2−0
決めた杉森の動きもよかったけど、それ以上にどこで杉森の動きを見ていたのかわからないほど森のパスが抜群でした。

さらに畳み掛けるグラは15分に、右のハーフウェイライン付近でボールを受けた森が右サイドの裏のスペースへパス。走り勝った上田が上げたクロスはGKが抑えるかのように見えたが、走り込んできた杉森がGKの鼻先でちょこんと合わせてゴール。3−0

清水は19分にCBの伊藤を下げ、梅村を投入。

試合は次第に落ち着いていく。
21分にグラは森の右CKを渡邊がヘッドもDFがクリア。

35分に清水に決定機。
左サイドでショートパスをつなぎ長谷川から田口にパス。クロスはDFクリアするもPA内の白鳥の目の前にこぼれる。白鳥がフリーでボレーシュートもわずかに外。前半終盤の貴重な追い上げのチャンスを逃してしまう。


前半は3−0でグラがリード。
シュート数はグラが4本、清水が2本。
CKはグラの1本飲み。
GKはグラが1本、清水が2本。

今まで見てきた試合よりもDF裏のスペースを突く意識が高く、効果的だった。
前線の、考起、晃太、航大の3人の「コウ」が清水DFを撹乱していた。


後半開始

後半は開始から清水が押し込む。
45分には右から興津が鋭いドリブルで切れ込み、PA付近で倒れるも笛はなし。

50分 グラ選手交代 福山→田中

52分 清水選手交代 冨士野・白鳥→望月・渡邉 望月が右、渡邉が左に入り、興津がFW、田口が左SBに回る。

54分 清水選手交代 田口→武田

選手を入れ替え、試合も徐々に活性化されていく。
56分にはグラがFKのチャンスを得ると、吹ケが狙うもGK正面。

対する清水は59分、長谷川のCKを岡部がヘッドもGKにセーブされる。

次はグラ。
62分、右サイドの田中が高速クロス。ファーで上田が合わせるも大きく外れる。

63分 グラ選手交代 上田→佐藤 佐藤が左に入る。

残り20分を切り、試合が再び動き始める。

64分に清水は望月のドリブル突破から興津にパス。シュートはGKがナイスセーブ。

グラは65分に清水DFのヘッドがミスしたところを森が拾い、距離はあったがハーフボレーを狙うが、ボールは落ち切らずにゴール上に外れる。

そして69分。
清水の望月のドリブル突破に対し吹ケがPA内で倒してしまい、PKの判定。吹ケにはイエロー。
このPKを長谷川がGKに読まれるも、決める。3−1

1点取ったことで清水はさらに前に出てくる。
73分には長谷川?がPAの左角からミドルシュートを狙う。枠に飛んでいたがGK加藤がファインセーブ。

74分 清水選手交代 興津→名和

75分に右からのクロスをグラDFがクリアするが、拾った望月が強烈なミドルシュート。しかし、わずかに上。

76分にひさびさにグラのチャンス。
裏に抜け出した田中がGKも交わしシュートに行こうとするが、後ろからDFに倒される。しかし、笛は鳴らない。

78分、清水は渡邉のクロスに加納がボレーで合わせるも上に外れる。

79分 グラ選手交代 太田→住田

最後はグラが相手陣内タッチライン際で時間を上手く使い、試合終了。


3−1でグラが勝ち、最終節で逆転優勝を決めた。

後半のシュート数はグラが3本、清水が9本。
CKはグラが1本、清水が3本。
GKはグラが6本、清水が3本。
スタッツ通り清水が後半は押し込んでいた。

後半は3点ビハインドの清水が攻勢に出る。
ドリブルが効いていた。
3点リードのグラは受けに回ってしまい、自分たちのサッカーができない。
PKの場面もドリブル突破に対して後手を踏んだ結果。
しかし、押し込まれて1点失ったが、そこで踏ん張れたのは強いチームの証だと思う。


よかった選手は、杉森、森、上田、髙橋、渡邊、加藤大智。
杉森はさすがに抜けている存在。
高い技術はもちろん、足首が柔らかい上に強くて、急加速、急ブレーキ、急なターンなどに無理が利く。
周りがよく見えていて判断が早く、裏を突く動きも清水の脅威になっていた。
森はトップの位置からいいタイミングで落ちてきて、ボールをキープし、時間を作っていた。
前を向かせてもらう場面は少なかったが、2、3点目のように前を向けなくても仕事ができる存在。
上田は前半は右サイドを制圧していた。
SBの裏へ走り込んだり、自らドリブルで仕掛けたりしていたが、後半はやや失速。
重心低く、頭から突っ込むようなドリブルをしている姿が高原幹に似ているな、と感じました。
髙橋は粘りのある守備で中盤の潰し役を担っていた。
今日は池庭を後ろに残し、髙橋が前に出る場面が多く、それが先制点につながった。
やっぱりボランチのほうが向いているかな。
渡邊は今日のMIPでしょう。
高さを武器にハイボールを跳ね返し、課題と思っていた地上戦でも壁となっていた。
フィードもいいボールを蹴っていて、ひとつの攻撃の形だった。
加藤大智はさすがメニコンカップMVP。
清水ペースの時にビッグセーブを見せ、チームを救った。
ただ、後ろからつなぐ意識が高い余り、パスミスからピンチを招いていたのはよくない。

清水は、興津、沼野がよかった。
興津はキレキレのドリブルでゴールに迫る、清水っぽいサイドアタッカー。
沼野は左足で大きな展開ができるボランチ。


東海リーグでグラは、14勝4分、得点72失点9という成績で1位。
得点数もすごいけど、失点が9というのもすごい。

高円宮杯も期待してます。

koshachikansenki at 18:45コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ